帝都自動車株式会社

タクシードライバーの真実

【漫画】疲れたサラリーマンが、楽しそうに仕事をするタクシーの運転手と出会う
【漫画】サラリーマンはタクシーの運転手に興味を持ち、運転手は仕事についてのやりがいを語る
【漫画】家族との時間が取りやすくなった。ある程度歳を取っていてもできる。稼ぎは自分の頑張り次第。大手タクシー会社は保険も保証されていて安心。キツいことももちろんあるけれど、自分で生きている感じがする、と運転手は語った。

通勤日数が半分!?タクシードライバーのライフスタイルとは

帝都自動車のタクシードライバーは1ヶ月のうち11〜13回が勤務数となります。
月平均22~26日の勤務となる会社員と比べると通勤日数は約半分です。
例えば1日目に午前8時~翌午前3時(内休憩3時間を個人の裁量で取得)まで勤務したら、その日1日は翌日の乗務に備えお休みとなります。
さらには通常の会社員と同様週休2日相当のお休みを取ることもできるため、通常の会社員と比べるとお休みは多い計算になります。
一見するとタクシードライバーは長時間労働でキツく、休みが取りづらいイメージがありますが、
実はタクシードライバーは、会社員と比べてみても休みが多く、家族や趣味や勉強に時間を取りやすい職業なのです。
あまり観光地が混まない平日に時間が作れ、家族との時間も取りやすいというのもタクシードライバーという職業のメリットではないでしょうか?

[図]2週間のサイクル例 ・明番の場合、勤務日の次の日はお休みになります ・普通の会社員と同様、週休2日相当のお休みが取得可能です

実はこんな人に向いている!タクシードライバーの適性とは

「タクシードライバーには不向きかもしれない」と不安になる方は多いと思います。
たしかに運転技能や地理知識、また接客技術などは必要になってきます。
しかし、肝心なのは「自分が一流タクシードライバーであるというプロ意識をしっかり持って業務を行えるか?」ということです。
技能や知識、ノウハウは教習や現場フォローで身につけることができますが、その気持ちは、あなたの意気込み次第なのです。
「学んだことを実践に落とし込み、いかに効率的に売上げをあげるか?」「プロ意識をもって高収入のトップドライバーを目指せるかどうか?」その気持ちが大切です。まさにタクシードライバーは今まで培ってきたビジネススキルを活かす、自分を試す、人生のリスタートを切る、絶好の職業と言えるのです。

やっぱり気になる!都内営業ドライバーの平均年収は!?

全国のタクシードライバーの平均年収は約280〜290万円と言われていますが、
都内営業のドライバーは440〜480万円とそれを大幅に上回ります。
また、成果次第では平均年収以上、帝都自動車交通ではトップドライバーともなれば700万円以上の高収入を得ることができます。
お客様のニーズを的確に捉え「売上げを上げるためにはどうすればいいのか?」売上げを上げるために試行錯誤する姿勢はまさにビジネスパーソンそのもの。
みなさまがトップクラスのドライバーになる頃には、一流のビジネスパーソンと同等のビジネススキルを手に入れていることでしょう。
実はタクシードライバーは安定収入を得られるだけではなく、自分の実力次第でさらに高収入のビジネスパーソンを目指せる職業なのです。

実は未経験者が8割 タクシー会社は教育の制度と文化で選ぶべし!

「道を知らない私が、お客様を目的地まで案内できるだろうか?」
「実力主義のタクシー業界で、私はやっていけるのだろうか?」
「興味は持っているが、ちょっと不安」という方は多いのではないでしょうか? でも、安心してください。実はタクシードライバーになる人の約8割が業界未経験者なのです。
帝都自動車交通では業界未経験者のみなさまに一流タクシードライバーになっていただくためのノウハウをお教えする、独自の教習システムをご用意しております。
さらには1ヶ月間の教習後は現場フォローはもちろんのこと、学んだことを業務にしっかりと落とし込んで頂くために、月額34万円の給料保障を6ヶ月間お付けしております。
独自の教習システムも、手厚いフォローや保障も「安全を第一に意識しながら、しっかりと学びを実践に変えてほしい」と願う帝都自動車だからこそできることなのです。

よしっ!決めたっ!!帝都タクシーに転職するぞ!!

【漫画】思い切って転職!確かなやりがいを感じるサラリーマン

まずは話を聞いてみたい!
という方でもお気軽にご応募ください。

ハイヤー・タクシー乗務員採用応募はこちら TOKYO TAXI TEITO MOTER 帝都自動車採用サイト 社員の声掲載中!